オフィス環境をより良くするための秘訣

オフィスでのクリアファイルの需要は年々高まっていると思います。書類の保管や分類に重宝するからです。

オフィス環境をより良くするための秘訣

オフィスで高まるクリアファイルの需要

オフィスでのクリアファイルの需要は年々高まっていると思います。私が事務職に就いて25年維持用が経ちますが、クリアファイルが一般的に使われるようになったのはここ数年のことだと思うのです。それまで書類の整理といえばファイリングやクリップ、ホチキスとめが一般的でした。クリアファイルは1枚ものの書類もきれいに保存ができますし、送付や手渡しの際も書類が汚れたり折れたりすることなく大変便利です。また書類の分類にも役にたちます。私はひとまずクリアファイルを使って分類し、決済が終わるとファイリングしたり処分したりしています。クリアファイルは主に透明なものを使っていますが、中を見られたくない書類は濃い色の不透明のタイプを使ったり、分類用に色別にしたりと使い方もさまざまです。表面にシールを張って部署名や使用用途を書いて使うこともあります。特に部署名入りファイルは回覧板代わりになるので重宝します。

これは私の勝手な推測ですが、クリアファイルが普及した要因のひとつにA4サイズの書類が一般的になったことが考えられるのではないでしょうか。昔は大学ノートの流れで書類はB5サイズのものが多かったように思うのですが、いつのまにかA4が標準サイズになってきました。バッグの中や持ち運びなどでA4サイズのほうが書類が折れることを考えるとクリアファイルの普及は理にかなっていると思えるのです。クリアフファイルの普及を裏付けるように、近年では販促品にもクリアフィルが使われるようになり、企業の宣伝効果にも一役買っているといえます。かくいう私もデザインの良いクリアファイルを見るとついつい手がでてしまうのです。おかげで我が家にはクリアファイルが溢れる状態になってしまいました。

オススメワード